パチンコ 海 物語 沖縄k8 カジノウラタ社長 浦田一哉さん(49) カンボジアで建築認証、人づくりで日本ファン増やす仮想通貨カジノパチンコ西国 参戦 編

パチンコ 海 物語 沖縄k8 カジノウラタ社長 浦田一哉さん(49) カンボジアで建築認証、人づくりで日本ファン増やす仮想通貨カジノパチンコ西国 参戦 編

パチンコ 海 物語 沖縄k8 カジノウラタ社長 浦田一哉さん(49) カンボジアで建築認証、人づくりで日本ファン増やす仮想通貨カジノパチンコ西国 参戦 編

モーニング スター ビット コインk8 カジノ

パチンコ チラシ――カンボジアで建築認証機関のライセンスを取得し、8月から認証業務に乗り出した

 「カンボジアの国土管理・都市計画・建設省が今年から建築認証業務の民間委託を始め、外資系では初の認証機関となった。日本人技術者が現地の技術者28人に審査技術の教育を施し、現地法人の体制を整えた。民間建築を対象に建築確認申請を受け付け、図面や建築を審査し、適合性評価を行う」

ウラタの浦田一哉社長

――ウラタは千葉県浦安市に本社を置き首都圏を中心に展開する総合建設会社だが、カンボジアに進出したきっかけは

 「平成24年に日本青年会議所の国際常任理事として訪問した際、建設現場の生産性改善が必要と感じた。3年後に現地法人を設け、現地人社員10人のトレーニングから始めた。現在は、首都プノンペンでホテルオークラの系列ホテルが入居する地上23階、地下4階建ての複合施設建設を進めている。日本の建設会社はODA(政府開発援助)関連を手掛けるだけだが、当社は土地の開発から行い、技術者を育成している点がカンボジア政府から評価された」

――複合施設の完成時期は

 「基礎工事に入っており、来年春に建物の建築に着手する。その3年後の完成を予定している」

――今後のカンボジアでの展開は

 「建築認証業務の実績を積み上げ、建設技術のレベルアップに貢献する。人材育成に力を入れ、日本ファンを増やしたい」(遠藤一夫、写真も)


うらた・かずや 中央学院大商卒。平成7年フジタ入社。12年ウラタに移り、経営企画室長、取締役、専務を経て16年4月から現職。27年3月からはカンボジア現地法人、URATA(CAMBODIA)のCEOも兼務。25年に日本青年会議所副会頭。千葉県出身。

仮想通貨カジノパチンコサウス ゲート スーツ

コメントを残す

業界連盟:赤 ドラ ボンズ カジノ ログイン k8 カジノ k8 カジノ パイザカジノ |Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap